Dentistry

歯にも気を配ろう

美を向上させる歯科医療

医療と言えば一般的には病気を治すことを目的として行うものというイメージがありますが、実はそれだけではありません。美容整形や医療脱毛などのように、美の実現を目的として行う医療もあります。 これは歯科医療においても同じです。歯科には虫歯や歯周病の治療を取り扱う一般歯科、子供を対象とした小児歯科などのほかに、審美歯科という診療科目があります。これは、歯を中心とした口元を美しく整えることにより、外見を向上させることを目的とするものです。 審美歯科は審美治療専門の歯科医院において提供されていますが、一般の歯科医院でも診療科目に審美歯科を掲げているところであれば行っています。なお、利用する際は自費診療となります。

歯を白くしたい人や、歯並びを整えたい人のために

口元は人と話をしたり一緒に食事をしたりするときは必ずといっていいほど視線を集める場所です。そのため、美しい口元の実現は他人に対する印象を良くするのに役立ちますし、さらに人前に出ることへの自信を深めるという精神的な効果も期待できます。 現在行われている審美歯科の代表的な治療方法には、ホワイトニングやセラミッククラウンといったものがあります。前者は特殊な薬剤によって歯の色素を無色化するもので、後者はセラミック製のかぶせ物を取り付けるというものです。いずれも歯を白く見せたい人に適した治療です。 一方、歯並びを美しく整えたい人には歯列矯正という方法があります。歯列矯正には言葉の発音や飲食物の咀嚼といった機能面を改善する目的もありますが、純粋に審美目的で行う場合もあるので、見方によっては審美歯科に含まれます。