Dentistry

矯正方法

歯科矯正の種類について

矯正歯科とは、歯に隙間をあけ、継続的に力を加えることによって、現在の歯並びから希望している歯並びに近づけることができる治療法です。治療法は主3つのタイプがあり1つめは、歯の表側にブラケットとワイヤーをつけて2から3年かけて治療していく矯正歯科、2つ目は歯の裏側に器具を表からは見えないようにつけ治療していく舌側矯正、3つ目はマウスピースなど取り外しのできる器具をつけて治療を行っていくマウスピース矯正があります。後悔しないためには、この治療法の中から自分に合ったものを選択することです。矯正歯科は非常に長い期間をかけて行っていくので、自分に合った治療法を選択することができれば、非常に快適に自分の理想の歯並びに近づけながら矯正歯科を終えることができます。

矯正歯科は器具つけた後が大切

歯科矯正の器具をつけた後は、歯にワイヤーとブラケットがついていたり、マウスピースをつける生活となります。今までの歯の状態とは全く違う状態となりますので歯磨きをする際にウォーターピックをつかったり、ピンポイントで磨ける歯ブラシを使うことにより歯を清潔に保つことができます。歯を清潔に保つことができれば、治療期間に虫歯になり更に虫歯治療しなければいけないという事態にならず、快適に毎日を過ごすことができます。治療期間が終わり器具を外した後の理想の歯並びになったときには本当に矯正歯科をして良かったと思うことができます。歯並びが悪くて思う存分笑顔になれなかった人も思いっきり歯をみせて笑うことができるので毎日がいきいきした気分になります。