Dentistry

治療より予防

歯科を受診する際のメリット

歯科を受診のきっかけは痛みが激しくなった時が一般的だと思います。歯科で歯を削られ治療の際の金属音を聞きながら痛みを伴って我慢をするという耐え難い場所だと感じられる方が大半だと思います。しかし、最近では治療ではなく予防に力を入れている歯科も多くあります。歯磨き指導だけでなく定期健診を推奨し、場合によっては子供の時から虫歯にならない欧米の治療方針を取り入れている歯科もあります。小児歯科ではフッ素塗布を定期的に行っている場所もあり虫歯にならないようキシリトールガムを勧めたり歯間ブラシやデンタルフロスの指導も行っているケースもあります。そうする事で治療費が高額になりやすい虫歯や歯周病を防ぐ事ができ、お財布にも優しい診療が増えています。

ニーズに応じた治療方法

予防のための検診や治療だけでなく、歯の見た目を綺麗にする矯正歯科や審美歯科なども増えています。これらを専門に看板を掲げている歯科もあります。基本的に健康保険適用外ですが、咬み合わせの問題を解決したり虫歯になりやすい歯を矯正し虫歯や歯周病を防ぐという目的もあり自分の歯をいつまでも長く使える為の歯科が活躍しています。しかし、患者さんの希望に応じたサービスが以前よりもできるようになた分、費用が高額になります。また治療方針の確認が必要になります。医師に説明してもらい自分が納得して施術してもらう事が重要になりますので、いくつかの医療機関と比較して自分に合った治療を見つけ、見極めるとトラブル回避になり希望の歯を手に入れる事ができます。